2020/11/01 10:00


秋が深まり日中と夜間の温度差が大きくなるこの季節。肩こりやむくみ、ストレスなどでどことなく身体の調子がすぐれないということはありませんか?一日の疲れを貯めこんでしまう前に一日の終わりの簡単なセルフケアで、スッキリと身体を整えていきましょう。

 

1.ハンドケアで肩こりもケア

デスクワークが多いお仕事をされていると肩こりがつらいという人も多いことでしょう。指先にはアロマを使ったケアで肩こりもケアしていくとともに、手先の乾燥も一緒にケアできる方法をご紹介します。デスクワークの際にはハンドクリームを代用してみても。いつでも簡単にできるハンドケアですのでぜひ試してみてください。

 

用意するもの…キャリアオイル(ホホバ、オリーブ、スィートアーモンドなど)10ml

おすすめの精油…

ラベンダー、オレンジスィート、ローズマリーなど…合計で2滴まで

 

1 手のひらにオイルを適量とって全体的になじませます。

2 指を1本ずつ根元から指先に向けてねじるようにマッサージします。爪の根本宇指の腹などをゆっくりと少し力を入れてつまむようにします。

3 親指の付け根の膨らんでいる部分(母指球)を親指の腹を使い、手首に向けて滑らせます。

4 手のひらの真ん中のくぼんだ部分をゆっくりと押します。

5 手の甲にうつり、親指と人差し指の間(合谷ゴウコクというツボ)をつまむように押します。

6 手の甲の指の骨と骨の間を優しくなでてフィニッシュします。

 

自宅でケアする前には、洗面器にお湯(3840℃)を張って、肘の下からゆっくりつけて手浴をした後に行うとさらに血行促進効果が期待できます。バスタイムのあとにハンドケアをおこなうのもおすすめです。

 



2.むくみにサヨナラ!フットケアできゅっとしまった足に

デスクワークでずっと座っていると、朝よりも夕方靴がきつくなるという経験をお持ちの人も多いはず。足は第二の心臓と呼ばれ、ふくらはぎを動かすことで心臓に血液や老廃物を送り返す役割を果たしています。

 

立ち仕事や座る時間が長くなると、老廃物が滞りむくみの原因に。リラックスタイムにフットケアを続けていくと、むくみにくくきゅっとしまった足がキープされやすくなるのでぜひ試してみてください。

 

用意するもの…キャリアオイル(スィートアーモンドなど)…15ml

おすすめの精油…グレープフルーツ、ジュニパー、ラベンダー…合計3滴まで

 

1 オイルを手に取り足全体になじませます。

2 足の指を1本ずつ丁寧にほぐしていきます。

足がほぐれにくいときには、足指の間に手の指を入れて広げるようにするとほぐれやすくなります。足裏の反射区と呼ばれる部分を刺激するようにしても。肩が凝りやすい人は小指の付け根などを親指で丁寧に押していきます。押してみて痛気持ちよいと感じるところや心地よいところはしっかりともみほぐしていきましょう。

3 足首を両手で包むようにしてくるくると円を描くようになでます

4 両手の人差し指をふくらはぎに押し付けるようにして、上へなで上げます。

5 太ももの裏側に手のひらをつけてしごき上げるようにします。

 

リラックスタイムに最適なのが足浴。ふくらはぎが入るくらいのバケツを用意して、お湯(3840℃)を張りゆっくりつかるようにします。精油を垂らしたり、バスオイルをたらしたりして立ち上る香りも一緒に楽しんでみるのもおすすめです。ケアの前に温めることでより効果が実感できますよ。

 

3.冷えもストレスも解消!お腹周りのケアでスタイルアップ

身体の冷えを感じるとき、おなかの周りがひんやりしていることも。お腹周りを冷やすと、胃腸の働きが悪くなったり、生理痛などの不調を抱えたりすることもあります。ストレスを感じると特に敏感に反応しやすいお腹周りをケアして、不調に負けないボディケアを目指しましょう。

 

準備するもの…キャリアオイル(ホホバ、オリーブ、スィートアーモンド)30ml

おすすめの精油…カモミール、オレンジ、マージョラム…合計で6滴まで

 

1       オイルを手に取りお腹周り全体を時計回りにおへそを中心に円を描くようにマッサージします。

2       指の腹全体を使って小さくらせんを描くようにくるくるとマッサージしていきます。便秘気味の人は両手を重ねるようにしてゆっくりとマッサージするとより効果が期待できます。

3       ウエストシェイプをしたい人は右手で左の脇をおへそに向かって引き寄せるようにします。次に左手を使って右側の脇から中心にぐっとお肉を引き寄せます。

4       セルライトが気になる人はサイドを中心に小さくつまむようにマッサージします。

5       全体的に円を描くように軽くなで上げてフィニッシュ。

 

簡単にできるボディケアは冬に向かっていく体作りにも最適です。毎日の疲れを残さず健やかに過ごすためにご自身のケアの時間を少し作ることで、肉体的な疲れはもちろん、精神的なストレスやイライラから解放されやすくなります。アロマオイル以外にも、ボディクリームなどを代用して気軽に始めてみてはいかがでしょうか。




ライター:Tomoko Kamada