2020/08/31 10:00

たんぱく質は、健やかな肌や髪、爪、臓器などの材料になる栄養成分。そして、筋肉の材料になるということも忘れてはいけません。筋肉は、ヨガをするうえでもある程度必要になってきますし、適度な筋肉がついた引き締まった体は魅力的ですよね。

 

そこで意識的に摂りたいたんぱく質なのですが、成人女性の1日の摂取目安は、約50g。圧倒的に足りていない方が多いそうです。その背景には、「たんぱく質=太る」という考えがあるから。

 

今回は、豊富なたんぱく質源・肉類をカロリーカットする調理法についてお話ししていきたいと思います。


牛肉


【カロリーの低い部位】

牛肉のカロリーが低い部位は、ヒレやもも、肩。肩ロースやリブロース、サーロイン、ばら肉は同量でもカロリーが倍近くになることも。

 

【カロリーカットをする調理法】

・薄切り肉・・・網焼き。ボッと燃えるときにカロリーが減。

・厚切り肉・・・波型のフライパン・ホットプレートで脂を落としながら焼く。

・ばら肉・・・茹でて脂を湯に溶けださせる。


豚肉




【カロリーの低い部位】

豚肉もまた、脂身の多いばら肉が高カロリー。もも、肩といった部位でも、脂身がついていない方が低下カロリーです。

 

【カロリーカットをする調理法】

・薄切り肉(もも)・・・しゃぶしゃぶのような茹でる調理をすることで、脂が湯に溶けだし、約50%近くカロリーカットになる。肉は、薄ければ薄いほど、脂が溶け出しやすい。

・角切り肉(もも)・・・煮込み料理にする。その際、脂の溶け出た煮汁は摂りすぎないようにする。


鶏肉




【カロリーの低い部位】

皮がついた肉は高カロリーです。皮を取り除いたむね肉やささみを選ぶようにしましょう。

 

【カロリーカットをする調理法】

・皮を取り除く(もも・むね肉)・・・唐揚げなどにする場合、皮を取り除いてから揚げることで約40%カロリーカットになる。

 

 

肉は、部位や調理法でカロリーが大きく変わってきます。ヘルシーに取り入れて、ボディメイクに役立てましょう。



GLAZ respirer アンバサダー

高木沙織



参照記事:Yoggi's Note Vol.41